読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*やっとこさっ!♪*

去年の年末に
ハマッて読んでいた「功名が辻
 

f:id:yoshinokaori:20160226122906j:plain

 
土佐藩の初代藩主となった山内一豊
その妻 千代の物語
 
心に残る言葉が多く
そんな宝言葉に出逢うのを楽しみに
大切に読み進めた1冊です^^
 
『どうせ人生は禍福いりまじりて縄のごとくなわれたものだ。
自分は不運だとも見えるし、運がつよい、とも思える。
いっそどちらも正しくどちらも誤りとすれば
運がつよいと思いこむほうが、
あかるくこの世が渡れるのではないか。』
 
『人は最大の目標にのみ直進すべきです。
小事に眼をくれてはなりませぬ。』
 
明るい人間に不運は訪れにくいと、
陽気に過ごすヒントがたくさん!
 
夫を大名にまで出世させた
千代の知恵と度胸そして愛嬌に
私もメロメロでした♡♡♡
 
これをきっかけに
司馬遼太郎さんを読んでみようと
Twitterでオススメしてもらい、
 
次は「坂の上の雲」を 読んでみます♪
 
(ずっと貸出し中だったので、
そこからの 本日のタイトルでした。笑)
 
どんな宝言葉に出逢えるでしょうか、
楽しみです^^