読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*Snow Country*

国境のトンネルを抜けると雪国であった。

夜の底が白くなった。

 

長い長いトンネルを抜けた時

光と一緒に飛び込んできた景色に

口から出たのは、小さな歓声と「雪国」の一節。

f:id:yoshinokaori:20131216143310j:plain

数々の冒険物語のように

トンネル(時にそれは扉だったり引出しだったり←ドラえもんonly?笑)を境に

気分は非日常という異世界へ・・*

 

まずブラリと散策したのは、三国街道塩沢宿「牧之通り」

f:id:yoshinokaori:20131216142810j:plain

f:id:yoshinokaori:20131216153201j:plain

宿場町として栄えた場所で

今も その雰囲気を残した町並みとなっていました。

 

通りの名前は、

江戸時代の雪の書「北越雪譜」を書いた

鈴木牧之(ぼくし)にちなんで

つけられたとのこと。

 

(江戸や上方では、雪に苦しむ豪雪地のことが

知られていなかったそうで、雪国の実態や越後の素晴らしき風習を

「北越雪譜」に綴り 世に知らしめたそうです。ほぉ。)

 

通りには、北越雪譜の挿絵である

雪の結晶のスケッチなどが飾られていました*

f:id:yoshinokaori:20131216141226j:plain

雪の結晶のスケッチは

雪華図説(雪の結晶の観察書)からの

引用だそうですが、

 

当時、整った形の結晶を

くずさないよう そして 溶かさないよう

細心の注意を払いながら

寒夜に顕微鏡観察を行ったそうです。

 

いつの時代も、人は自然の芸術に

魅了されてしまうものなのかもしれませんね^^

 

このスケッチを見たかったので

とても満足して、その後の食べ歩きが

より楽しく より美味しいものとなりました☆

 

その時の私、満足気でしょ?!♪

ビニール袋には試食で頂いたものや

自分へのお土産だったり・・・。あはは///

f:id:yoshinokaori:20131216160746j:plain

f:id:yoshinokaori:20131216163951j:plain

そして、

今回の旅のメインは・・・

 

カニちゅわ~ん♡♡♡

f:id:yoshinokaori:20131216160642j:plain

f:id:yoshinokaori:20131216160654j:plain

この後、温泉入って マッサージして

なんだか 心も身体もゆるゆるに溶けてしまいそうな

そんな1日になったのでした(❁´◡`❁)♪

 

帰り道、日常へ戻るトンネルを抜けた時、

綺麗な夕日が迎えてくれましたよ。。☆

f:id:yoshinokaori:20131216161304j:plain

f:id:yoshinokaori:20131216161316j:plain

f:id:yoshinokaori:20131216161327j:plain

よしっ!と一つ 気合いを入れて

また日常を過ごすのでありました~。