読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*かお迷子。。*

一時期はまっていた小説

 

妻はくノ一(風野真知雄)

 

主人公 彦馬が妻を探しに江戸へやってきて、

居を定めた場所は神田妻恋坂。

 

昨夜、出先からお散歩していたら

あっという間に一駅歩いていたので、

知らない街だけれど  あともう一駅とテクテクテク・・・

 

そんな時に、小説の中でよく見かけた

その地名を発見したのです♪

 

「妻恋坂」

 

これはこれは、と嬉しくなって

小説の世界を頭に浮かべて

目的の駅の方角に向かっていたら

 

まるで 夜のお江戸の町を

歩いている気分に(❁´◡`❁)♡ 

 

そんな中、

こちらの案内板を見かけてしまい

ますます お散歩が楽しくなったものだから、

 

次の案内板はどこだろうと

更にテクテク 歩を進めていたら。。。

f:id:yoshinokaori:20131128111028j:plain

f:id:yoshinokaori:20131128111037j:plain

(他にも 上野戦争の事なども知れましたよ!)

 

すっかり 夜の街に

迷い込んでおりましたヽ(;´Д`)ノ

 

知らない街で迷う事は よくあるのですが、

さすがに22時過ぎだと心細くなってきまして

しかも 気づいた時には 人も車も少なくて・・

 

夜って いろんなものたちが

ちょっぴり 恐怖の色を纏うので、

 

お寺の前を歩くことでさえ

うっすら怖くなってしまい。。苦笑

 

私は大人

私は大人

 

と、こわい気持ちを打ち消して

ぐんぐんと早歩きしていたら、

マチのほっとステーション発見しました!!

 

ほんとにホッとしたぁ~♡

 

お兄さんに道を教えてもらい、

無事 駅にたどり着いたのでした☆

 

1時間も歩いていたよ。。笑

 

夜、知らない街をフラフラするのは

出来るだけやめておこ。

 

最後にね、

 

案内板の新渡戸稲造のくだりにて

素敵な言葉に出逢えましたよ。

新渡戸稲造の一生の指針になったという言葉です。

 

自分自身が光明で自分の信ずる道を進め

 

この時、道に迷っていたんですけどね、、笑

 

日々、選択の連続ですが

これからの人生で何かあった時

自分の選択を信じられるような人でありたいな

 

と、心をキリッとさせた私だったのでした。

f:id:yoshinokaori:20131128123822j:plain